www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 引き続き、珍しい、そしてすごい先生方がサンディエゴに来てくださっています。

f0169816_16254687.jpg
 まずは Ahmed Hussien 先生。サウジご出身でずっと東海岸で教えていらっしゃった先生です。
 エジプトのダンス事情にくわしい中東系のジェントルマンが、昨年そっと教えてくださったのですが、レッスン内容の質の高さでいえば、ヨーロッパ在住の XXXX 先生が1番、そして2番はこの先生だというのです。
 とにかく明るく冗談ばかりで、楽しくエネルギッシュなレッスンで、知らず知らずのうちに120%の力を出させられます。そして何よりも、動きが正確でダイナミックで美しいこと!
 この日、レッスン中にAhmed 先生が、私の上にあげた腕をつかみ、参加者全員の前に引き出され、いまやったシミーをみんなの前でやってみなさい、と言われました。
 そして・・・・Ahmed 先生

 ”見て! 乾電池で動く小さなシミー人形みたい”

 ”この子から電池は抜くなー!”と叫んでいました(笑)

 そしてもうお一人は Karim Nagi 先生のアラブ音楽とフォークロアのWorkshop。エジプト人の音楽家で東海岸をベースにしています。f0169816_16263330.jpg
 長調、短調の音階の違いを歌いなが認識し、Oum Kalthoum の曲のメロディーをアラブ特有の短調の動きを確認しながら歌います。その後、リズムを手で叩きながら、リズムの変化とリズムのアクセントを加えていきます。 つまり、歌いながら手は複数のドラマーの役割をしなければいけません。これには踊り上手なダンサーさんも、みなさん四苦八苦(笑)。そして、やっと最後にダンスで、オーケストラで何の楽器がなっているのか、ダンサーが動いていいところ、動いてはいけないところ、体のどの部分を使うのか、アクセントはどこか、を音楽家の観点からアドバイスします。
 フォークロアではさまざまなDabke、Tahteeb 特有の男性的なアサーヤの使い方、そして最後にさまざまなZikarを学びました。

 お二人共、いずれも振付を教えず、トレーニングに重点を置いたWorkshopでしたが、内容の濃さと時間の効果的な使い方、そしてクラスと生徒さんに注ぎ込むエネルギーの高さに圧倒されました。(普段、あまり先生方と写真を撮ったりしない恥ずかしがりやな私が、今回は2度とも写真を撮っていただきました!)

 踊ることを想定すると、5分-7分までに曲をカットするか、あるいは短めのバージョンの曲を使うことに慣れてしまっていた自分に気がつき、あらためて本物は本物でそのまま楽しむことを忘れてはいけないと思い、久しぶりに Classic の長いバージョンの曲を聴いています。


TAMAMI


Ahmed Hussien
↓ 最近の映像
http://www.youtube.com/watch?v=xys4aTIXDVg
↓ 80年代の映像 (すごいです!)
http://www.youtube.com/watch?v=2z1gtYwfUFI&NR=1

Karim Nagi
↓ クラシック音楽とアラブリズムの融合(?)
http://www.youtube.com/watch?v=IroiQ0rLWg8
[PR]
by classicsharqy | 2011-02-11 16:27 | Workshop