www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


 今年は、本当に多くの方々にお世話になってしまった1年でした。
 ほんの些細な‘車の降り方’をしたばっかりに、1年以上にも渡り、けがの治療とリハビリに専念しなければならなくなってしまいました。
 思えば、大きなけがや病気もなく、この年まで‘のほほん’とすごしてきたため、本当の意味で体を気遣うことを知らず、自分自身の体に対してちょっと乱暴な生き方を続けていたことに気がつかされ、反省しました。

 この長い道のりの中で、たくさんの出会いがあり、それぞれの出会いに本当に助けられました。私のような一人のちっぽけな存在に、こんなに多くの方々の英知と技術、努力と愛情が注ぎ込まれ続けたのは、私の人生の中でも初めての経験だと思います。直接的、間接的に関ってくださった多くの方々への感謝の念はつきません。そして何と言っても、どんな難しい状況が起こっても、病院内の政治にも負けずに、先頭にたってサポートし続けてくださったDr. Landには本当にいつもいつも頭が下がります。そう、彼がいなければ、もしかするとここまでがんばることはできなかったかもしれません。(密かに彼のことを‘私の中のシュバイツァー’と呼んでいます(笑)!)

 昨日、地元のある有名なベリーダンススクールから、Apprentice Program(実習生プログラム)への参加のお話をいただきました。これは限られた席しかない特別なプログラムで、誰もが希望して入れるクラスではありません。1カ月づつアセスメントがあり、きちんと結果を出し続けることが要求される代わりに、多くの時間、ダンスの指導を特別に受けることができるプログラムです。出席すればお免状がいただける’Certification’プログラムとは異なり、学校側が選んだ特別に指導をしたい人だけにお話がいくプログラムだそうです。(昨日、お話をいただいてからよく調査したところ、そんな内容でした。)
 不安がないわけではありませんが、でもやれるところまでやってみたいと思っています。

 まずはこれから3か月は、通常のコアマッスルの他に、根本的な筋力アップをしたいと考えています。

 みなさんはどんな1年をすごされましたか?
来年も良いことがたくさんある1年になりますように!


TAMAMI

[PR]
by classicsharqy | 2009-12-31 13:46 | Others
 ‘くるみ割り人形’ を見てきました。
 昨年は地元のアメリカのバレー団のものを見に行きましたが、今回は、モスクワバレー団の‘くるみ割り人形’を見る機会に恵まれました。
f0169816_2453756.jpg
 同じ作品でも、バレー団が違うと、舞台の作り方や演出が大きく異なります。今回はなんといっても‘かぶりもの’の動物がたくさん出てきて、とても楽しい内容でした。オーケストラでなくCDでの演技だったのもよかったと思います(オケのレベルが低いと有名な曲だけに悲惨なことになります・・・ベリーダンスのライブ・ミュージシャンも同じことが言えるかもしれません)。

 今回、舞台を見ていて思い出したことが2つあります。

 1つ目は、エジプトの国家舞踊団、コメヤ(Koumeya)のこと。
 コメヤの発祥は、レダの民族舞踊の映画化・大衆文化化の成功から、国家レベルで同じような取り組みができないかと、エジプト政府が作った民族舞踊団です。そして彼らが最初に行ったのは、ロシアのバレー団の先生方を連れてきて(驚き!)、エジプト民族舞踊を作っていったそうです。その証拠にコメヤの振付には、いくつかロシアのクラシック・バレーの影響がうかがえます。例えば、

 ・対角線上にラインダンスのように並ぶシーンが多い
 ・挙げた両手の手先が おばけのようにダラリと垂れる
(以上、Sahra SaeedaのJourney through Egypt 2のレクチャーより)

 2つ目はあるベリーダンスの先生に
 ‘Tamamiはクラシックバレーをやっていたことがありますね?’
と言われたこと。
 この先生の説明では ‘クラシックバレーをやっていた’ と思われるような踊り方は、ベリーダンスでは大きなマイナスだと教えてくださいました。クラシックバレーは、ベリーダンスよりも重心がはるかに高く、上へ上へと飛び上がったり、ターンの軸も高めになってしまいます。
 ‘地面に埋め込まれるようにターンする’ 必要があることを習いました。

 初めて ‘くるみ割り人形’ が上演されたのが1892年(振付:レフ・イワノフ)、ほんの100年と少しの歴史しかないことを考えると、ベリーダンスの歴史の長さはとてつもなく長く、深いものであることを改めて痛感します。


TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2009-12-26 02:35 | Show