www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 先日のLAでの野球で日本が勝利したのも束の間、LAステープルセンターで、アイススケートの世界選手権が行われ、最終日のExhibitionを見てきました。今回は腰負傷のため(選手じゃないです 私のことです(笑))、電車でLAまで行ってみました。

 私自身はもともとそれほどスポーツ観戦に熱中するタイプではありませんが、アイススケートだけは特別です。

 というのも、

技術、音楽、振付、芸術性

が揃っている点で、ベリーダンスとも共通する点が多いからです。
 
 最近は、特にコーチが変わったりすると、どんな振付をするコーチなのか、新しくどんな変化が加えられたか、選曲、技術と表現力のバランスなどなど・・・・興味がつきません。

 コーチや振付師にも興味を持つようになったのは、高橋大輔選手と安藤美姫選手を同時期に指導していたニコライ・モロゾフ氏の影響かもしれません。2人に共通する見せ場 - 後半の‘直線ラインのステップ’ -。ジャンプでなくても歯切れのよいステップで大きな見せ場を作ることに成功したのは、まさにニコライ・モロゾフ氏の振付によるものといえるでしょう。

 英語では音楽を踊りにすることを、音楽のInterpretationと言います。
 音楽を(体を使って)翻訳する - ということですが、さまざまな音楽のInterpretationが楽しめるという点で、Exhibitionは見逃せません。

今回初めて実際のリンクでアイススケートを見て、まずは氷の演出の美しさにびっくり。ピンクやブルーにライトが当てられると本当にきれいです。
真央ちゃんはこんなでした。(ちょっと小さい・・・)これは最後のビールマンスピンに入るところです。
f0169816_1105799.jpg


最後のフィナーレは、受賞者が次々と現れて、最後に、バック・スケーター達が現れ、輪になって回ります。そして金メダリストのみこのバック・スケーターの輪に加わり一緒に輪になって回り、最後は金メダリストが円の中に入ってEndingです。金メダリスト全員、偶然にも(?!)黒の衣装で揃っていました。(ミニスカートがYuna ちゃんです)
f0169816_1114165.jpg



TAMAMI

今回、とてもおもしろかった演目はフランスのブライアン・ジュベールの‘ハレルヤ’。哀愁がある単調なメロディーに上手に振付を載せています。

映像はこちら
→ 
http://skating.livedoor.biz/archives/51191649.html

[PR]
by classicsharqy | 2009-03-30 01:05 | Others

リハビリのメニュー


 リハビリもいろいろメニューが増えてきました。
やっとやっと、運動している気分を少――しだけ味わっています。

 これはいま一番大切な‘そり腰’のポーズ。
f0169816_358198.jpg

 けがをした最初からPhysical Therapyで与えられた課題ですが、長いこと症状がひどくてこのポーズはできませんでした。このポーズは、背骨の骨と骨の間を飛び出したヘルニアをもとにひっこませる手助けをするそうです。(ヘルニアがオレオのクリーム、クッキーが脊骨にあたります。一言でいうと‘クリームはみ出しクッキー’状態だったということでしょうか。)まだ足がしびれますが、何度もこれを繰り返していると、しびれが弱まります。しびれは、飛び出したヘルニアにぶつかってけがをした神経が起こしているものだそうです。

 そしてこれは、ヘルニアによってけがをした神経が、バランスをとりもどすための訓練です。
f0169816_3582057.jpg


 長期に渡ってヘルニアがぶつかっていたため、神経がバランスをとりにくくなってしまっています。歩くと右足がまだ弱く、左右同じ歩幅、歩き方で歩く練習を1週間ぐらい続けました。このポーズは右膝を軸にして立ち、左足をあげ、片足でバランスをとります。軸足の右足は曲げています。運動神経にバランスを取り戻させつつ、筋肉も補強できます。足元は少しふわふわしたクッションのようなものに乗るとさらに上級になります。そして目をつぶるとさらに上級。上体をそらし気味にして行ったりもします。

 1週間のトレーニングで、バランスも足の筋肉の強さも徐々に戻りつつあります。まだしびれはありますが、バランスの戻りはなかなか早くてPhysical Therapistさんもびっくり。(いま頭に剣を乗っけても、きっとバランスが悪いのだろうなぁ・・・などと思いつつトレーニング(笑))

 アメリカでけがをして、とてもありがたく感じていることのひとつが、Physical Therapyの存在です。けがをしてすぐから週に2回、約2カ月間、状態のチェックと進捗のチェック、やってはいけない動き、やっていい運動を教えてくれ、宿題のエクササイズが出されます。手術などの大きな治療後もPhysical Therapyがアサインされます。私も最近になって2度目のPhysical Therapyがアサインされました。小さな小さな進捗を見つけ、エクササイズの内容を細かく毎週変更していきます。私自身も痛みの度合い、場所、何をするとしびれが起こるか、事細かに自分自身の体を観察し続けなければなりません。

 思った以上にミクロな世界です。



TAMAMI


フィジカル・セラピーのお仕事の映像をYou Tubeで発見しました。かっこいいです!

http://www.youtube.com/watch?v=C8DaTRcCG-k



[PR]
by classicsharqy | 2009-03-10 04:15 | Others

春が来た!

 日本はあちこちで雪が降ったそうですが、こちらはすでに春が訪れています。
f0169816_254917.jpg


桜です。花びらは少し小さめでしょうか。


 そして、家に飾ったユリの花の美しいこと。
f0169816_2103039.jpg

 ユリを買うときは、できるだけつぼみのものを買います。
花が開いていくときに、部屋中がすばらしい香りに満たされます。ユリのエッセンスを使った香水がたくさんありますが、私は本物のユリの花の香りにまさるものはないと思っています。

 これは日本から届いた和菓子。抹茶のスポンジケーキの上に一面のお花畑・・・そして蝶々まで!
f0169816_2122545.jpg


 さすが日本のお菓子は美しいだけでなく甘さ控えめで品が良いですねぇ・・・・。

 これから夏にかけて、私の1番好きな季節になります。



TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2009-03-01 02:12 | Others