www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 2年制大学でのAngelikaのクラスの1学期が終了しました。大学ですので、ダンス専攻の学生さんから、趣味で習っている方々、有名なCompanyメンバーまで、多種多様な人が通ってきています。年齢幅も驚くことなかれ、10代から80代(90代?かもしれません)まで!
 大学ですのでいちを評価基準があり、出席、授業中の学習状況、グループでのPerformance、そしてSolo Performanceが義務づけられています。(ダンス専攻の学生さんはさらにレポート提出もあります。)

 グループPerformanceは、大学の記念祭で、各ダンスクラスから1つづつ群舞を出しました。私の所属するクラスからは9名でVeilを使ったOrientalを踊りました。まず驚いたのは、ホールのすばらしいこと!ApronとTraveler(舞台と前方張り出し部分)の広いこと。そしてライティングもかなりプロフェッショナルで、ダンスに力を入れた大学で学ぶ良さをひしひしと感じました。さらに驚いたのは、一晩で25ものさまざまなダンスグループが踊るのですが、どれもかなりプロフェッショナル!(→に見える(笑))文字通り‘カリフォルニア・ダンスシーン’を絵に描いたよう。

f0169816_3151378.jpg

f0169816_3153850.jpg

 そしてさらに驚いたのは、我がクラスメートの当日の舞台度胸の強さです。実は裏事情を話すと、時間どおり集まらないし、リハもないし、Veilやヒップスカーフを忘れたり、間際まで振付を覚えていなかったり・・・・どうなることやらと少し心配しておりましたが、彼らは本当に本番に強く、そのすばらしい表現力に本当にびっくりさせられました。


f0169816_2214437.jpg
Openingは3人でスタート。右端が私です。寒くてこっそりセーター着ちゃいました。



f0169816_22162652.jpg

途中からフルメンバーになります。(舞台が広くて全員写っていませんーごめんなさい)それからやっぱりセーターで踊るのは今後やめます。かっこわるー!


 学期の最後の3週間はほとんどSolo Performanceに時間をあてられます。全員、フルコスチュームとメイクで4分Performanceを披露し、皆でFeedbackをします。好きなものを披露するのですが、びっくりするほど皆さん表現力があります。何がすごいかというと、たぶん

‘伝えるものを持っている’
‘一生懸命伝えている’

ということ。技術的に未熟な部分があっても、それを超える何かを表現できている・・・。

 こちらでは20-30年ベリーダンスを習っている方がざらにいらっしゃり、やはり層の厚さを感じます。今回一番うれしい驚きは、70歳以上のクラスメートのPerformanceでした。
 どこかいつもセレブな匂いを漂わせるLさん。まずは彼女の体がよく動くことにびっくり、そしてその美しさにびっくり、また衣装も手作りでその日の曲に合わせて毎回手作りするそう。今回はチョコレート色のチュールを組み合わせたスカートに、チョコレート色のレースで飾られたトップス。どこかのモード雑誌から出てきてもおかしくないような美しい組み合わせで、上品で少しお茶目なOrientalを踊られました。(写真をお見せできなくて残念。一言で言うなら’人生まるごとエレガンス’)
 学期末のSolo Performanceは、普段のクラスメートの全く違う一面を見せてくれ、毎回、Angelikaも生徒も楽しみのひとつにしているそうです。彼らの一人一人の個性に、私もとても刺激を受け、今後もやみつきになりそうです。


TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2008-05-24 03:45 | Show

Good Energy!!

 4月の第1週はアメリカでのPerformanceデビューを控えた大切な週末でした。
 金曜の夜はZahraとJennaが主催するLive MusicのShowcase ‘TaXim’で。そして翌日土曜は地元で10周年を迎える‘Market at the Casbah’ というアットホームなイベントです。

 TaXimでは偶然にも私のもう一人の先生でもあるAngelikaがゲストダンサーとして呼ばれており、初めて同じ舞台を踏ませていただくことになりました。
 TaXimはLiveバンドですが、事前にMusicリストから曲を選んで踊ることができます。この日Angelikaが選んだ曲は ‘Tammra Henna‘ そして私が選んだ曲は ‘Alf Leyla Wa Leyla‘。思い出深い曲になりそうです。
 この日のAngelikaの衣装はEman Zakiの新品衣装。ピカピカ光って本当に美しかったです。Performance直前にAngelikaが私におっしゃった言葉は

  ’Tamami, Good Energy!’  良いエネルギーを持って踊ること - でした。

 どうしてだかまだわからないのですが、Angelikaが踊ると本当に迫力があり、顔の表情、体すべてから大きなエネルギーを放出していて、空間が一瞬にして異空間に変化します。

TAMAMI

Eman Zaki の Webはこちら→
http://www.emanzaki.com/

f0169816_2275438.jpg
写真左から キーボード Michael、バイオリン Elias、レク Victoria、ダンベック Donavon、鏡中 ダルブッカ Gorkem(TaXimにて)素敵な演奏をありがとうございました!


f0169816_6474240.jpg
アメリカに来て最初に覚えた振付’Sahra Saeeda’ Signature piece。
Sahraは昨年の夏、和美さんがこの曲を踊ったことを知り大感激していました。9年前に日本で教えた振付を踊ってもらえるとは思わなかったようです。(Market at the Casbahにて)

[PR]
by classicsharqy | 2008-05-23 07:00 | Show
 パリ在住のLeila HaddadのShowを見にいきました。(昨年11月の日本でのShowも見ていましたので、こんなにすぐまたLeila Haddadを見ることができるとは期待していませんでした。)東京の公演は、オリエンタルとTunisianでしたが、今回はGhawazeeが中心。なんといってもすばらしかったのは一緒に訪米したジプシー・ミュージシャン達。6,7名ぐらいしかいないのに、歌声と楽器の響き方が、いままで聞いたことがない音質を創っていました。(彼らはShow終了後、CDやヒップスカーフ、布などの販売員となって出口に登場。みなさんその安い布生地を競って買っていました(笑)。)

 Showの後、昨年夏にハリーギを教えていただいたAisha Aliを発見。エメラルドグリーンのゆるやかなスラックスに同じくエメラルドグリーンのTシャツ(いつお会いしてもお美しい)。いたずらそうな目をしながら私たちの耳にささやきました。‘誰にも言っちゃだめよ。これからあのミュージシャンを連れて家でPartyをするからXXXXまでいらっしゃい。誰にも言っちゃだめよ!’
 
 その夜、延々とPartyは続きました・・・。

Leila Haddad のShowの映像はこちら→
http://www.youtube.com/watch?v=3FsVLrRYdXY


TAMAMI
f0169816_131128.jpg

[PR]
by classicsharqy | 2008-05-16 03:25 | Show

My Great Teachers in US

 今日は私のアメリカでの新しい先生方の紹介です。

Sahra Saeeda
89年―95年にカイロで活躍した米国人ダンサー。Mahmoud Reda、Farida Fahmyと一緒に活動されていました。歴史、ダンス事情やエジプトの民族舞踊に造詣が深く、もっと日本にも来ていただきたい先生の一人です。常にWorkshopで世界中を歩いているので、定期的にレッスンを受けることは難しいですが、幸運にも1月は1ヶ月毎週末Sahraのクラスがあり、思いがけずすばらしいDanceレッスンのスタートを切ることができました。彼女のクラスはOpenにはなっておらず、人数も少数限定なので受講は難しいのだそう。実はここで多くのすばらしいDancer、インストラクターの方々と知り合いになりました。(なにせ新米なのでよくわかっていなかったのですが、後から皆さん有名なDancerさんだったことに気づいたのでした・・・!)Showはあまりされていないようですが、1月はRoxxanneのShowcaseの特別ゲストで踊っていました。
映像はこちら→
http://www.myspace.com/roxxanneraqs

Angelika Nemeth
Ibrahim Farrah、Serena、Raqia Hassanから影響を受けたFeiruz Aramに学んだ米国人。Orange County南部のほとんどのCommunity Collegeで教えています。エジプシャンを中心にフュージョンもこなします。彼女のDance Companyの作品はPersianやBollywoodを取り入れるなど、モダンで評判が高いです。こちらの大学のクラスは、授業料も安く、場所は広く、大きなコンサートホールで踊るチャンスがあるので、とても人気があります。彼女のCompany MemberのIrisもOrange Coast Collegeの生徒で、来週10名の生徒と一緒にホールで踊る機会があり、ちょっと楽しみにしています。初めてのアメリカでの群舞です!
映像はこちら→ http://www.youtube.com/watchv=d9kh460dFAU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=lEbFzt8Z6tI&feature=related


Zahra Zuhair
LA北部では最も有名な先生の一人で、AHLAN WA SAHLAN(カイロ・フェスティバル)で指導もしています。複雑なヒップワークの素敵な振付を作ります。Jennaと二人でDance Gardenというスタジオを経営しており、LiveバンドでのShowcaseも主催しています。ベリーダンスの勉強家はここによく集まってきます。私のUSデビューもこのShowcase ’TaXim’からでした。
映像はこちら→
http://www.youtube.com/watch?v=nmx_ZRwNah4
http://www.youtube.com/watch?v=sNe-QmcCRPY



 それぞれの先生にそれぞれの特徴と強みがあるように、彼女達から多くのことを吸収していきたいと思っています。


TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2008-05-12 09:45 | Others
 昨年の12月にOragne Countyに転居し、徐々に新しい土地、風習、そして新しいベリーダンス生活にも慣れてきました。

 転居前に一番心配していたのは、日本でStudio1002で学び、教え、そして踊ってきたのと同様の生活が、アメリカでも続けられるかどうかということ。転居前から年に数度は渡米し、レッスンを受けるなどの準備をしてきたためか、思った以上にスムーズにMy Teachersを選定、1月からレッスンを再開し、4月からPerformanceデビューもさせていただきました。

 転居後当初、Showを見に行くにつれ悩んだのは、自分の踊りは何かが足りないのではないかということ。たくさんの美しいDancerさんと、さまざまなジャンルのベリーダンスが存在するアメリカで、’最初の15秒にどれだけ目を引く踊りができるか’ がダンスの基本のアメリカで、自分自身がどのようなベリーダンスに魅了され、どんなDance Styleを選んでいくのか、とても不安な気持ちになりました。
 それでも、こちらでレッスンを始めて3ヶ月が経ち、人前で踊るようになり、新しいDance仲間の反応や、先生方とのやりとりを通じ、ここにきてようやく‘やはりエジプシャンをベースにもっと勉強していこう’という気持ちが固まってきました。


TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2008-05-12 08:51 | Others