www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

トルコのウード奏者で有名な John Bilezikjian と初共演しました!

 ショウがたてこんでいます。
 1週間半の間に3つもショウがあり、さらに2ヶ月のうちにライブバンドでのショウが2つもありました。昔でしたら、必死になって練習して緊張したのでしょうが、ライブですと、事前に曲をリクエストできる場合もありますが、実際にどんな風に演奏していただけるかはその場にならないとわかりません。そんな訳で自前のCDの曲で踊るよりも練習ができず、結局、だんだんと練習しないで踊ることに慣れてしまう自分がいて ー 少し(いやかなり)恐ろしくなっています。

 トルコのウード奏者で有名な John Bilezikjian のショウで踊らせていただく機会に恵まれました。うっとりする彼の歌声と演奏の音色に、楽屋の待ち時間ですでにたっぷり癒され、踊っているときも彼の音質に心うばわれつつ動いていました。今回は Istemim Babacimと Jemilleh をリクエスト。間に長〜いタキシームが入り、最後はドラムソロに。本当に間の切り替えもさりげなく、とても自然で、演奏家として有名なだけでなく、ダンサーが共演したい演奏家さんとしても有名だとうかがっていましたが、お噂どおりダンサーの出はけが悪くても、演奏家さんがうま〜くつないでくださっているのに気がつきました(さすが!)。カリフォルニアの遺産 、ベリーダンサーが一度は踊ってみたいとあこがれる John Bilezikjian との初共演、無事終了いたしました。
f0169816_10593333.jpg

 ショウの場所は映画にも出てきそうなこんな素敵なところです。月が綺麗な夜でした。(サンディエゴは海が綺麗なイメージがあるかもしれませんが、知る人ぞ知る ー 月が大きくて美しいところなんですよ。最初見たとき、月が大きすぎて驚きました!)
f0169816_1101072.jpg

 さらに、別の日はファンベールでタンゴ・フュージョンで踊るように依頼があったですが。。。。音源もすべて送り、ミュージシャンの方が音源を用意する手はずでしたが。。。 何かの手違いで、連絡がいっておらず、万が一のバックアップCDを持参しなかった私は(しかもバックアップCDを持参しなくてよいと言われていた!)、結局ライブで踊ることに!
皆に ”バックアップCDはいつも持ってでるべし〜” ”車に積んどくのよ〜” ”日本に忘れて来たのか〜?”(レバノン人のミュージシャンのおじさん ←きつい!) と罰ゲーム(?)のようにライブで踊るはめになりました。ファンベールで踊るときは、ファンベールを2セット持参するほど用意周到な(?)私ですが、今回は主催者さんの

 ”全部こちらでやりますので” 

の一言を甘くみていました! どんなときも、音源のバックアップは忘れないようにしよう、と心に誓ったのでした。そう、ここはカリフォルニアで日本ではないのです。。。。!



TAMAMI

急な変更での生演奏でのショウでしたが、実は、サンディエゴで一番私が好きなキーボード奏者 Andy さんの演奏でしたので、ちょっとうれしかったのです☆ 彼からアラビック・キーボードを習うのが博士号 取得後の夢! 
Andy さん 待っててくれるかなぁ?

[PR]
by classicsharqy | 2013-10-24 10:50 | Show