www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

不思議な出来事 / 素敵な出来事

f0169816_5362146.jpg このところ不思議で素敵な出来事が続いています。

 ひとつは、ダラスでのショウで踊らせていただき(それもなんとトリ)、それを大御所先生の目の前で踊らせていただけたということ。これは本当に想定外のうれしい(恐ろしい?)出来事でした。

 私がダラスのワークショップに興味があることは伝えてあったのですが、最終的に行くことも踊る事も伝えておりませんでした。背景はよくわからないのですが、もともと大御所先生はこのワークショップにはいらっしゃるご予定はなく、急遽、追加ワークショップとしてご参加されることが決まったようで、私が大御所先生に習っている事を知っているDさんが、

”たまみ もちろん大御所先生の振付を踊るんだよね〜” と声をかけてきましたが、悩みに悩み、結局、別の振付にしました。理由は

 もし大御所先生の振付を素敵に踊れなかったら、大御所先生に恥をかかせてしまう。
 しかも他にも色々いらしているエジプシャンのダンサーさん方の前で大恥をかかせてしまっては
 大変

と思ったからでした。

 実はこの日、私にしては珍しくワンピース型のドレスを着ました。
 トゥループ活動の中で、ベレディドレス指定の振付というものがあったり、あるいは踊る場所によっては、肌の露出を少なめにお腹はネットでカバーするのが好ましいというレストランがあり、そうした時に備えて何着かワンピース型のドレスを持っているのですが、大抵はセパレートを着用することが多かったのです。

 ダラスに行く数日前から何故か、ターコイズブルーの色が気になって気になって仕方なく、スーパーのレジのお姉さんが素敵なターコイズブルーのT−シャツを来ていて、”どこで買ったんですか?”と聞いてしまったり、その後も引き続き街行く人のターコイズブルーの服装に目が止まってしまい、ふと考えたのが、きっとこれは何か虫の知らせかもしれないということ。数日後にダラスでのショウをひかえ、きっとこれは奥深くしまわれていたターコイズブルーの衣装を使うように指令が来ているかのような気がしたのです。考えてみればこの衣装、割引になっていたのでドレスを買うときのついでに ”追加”として買ったもので、着る機会がずっとありませんでした。腰回りにフリンジが少ないので、ヒップワークが目立たなくて見栄えはしないことがわかっていたので、なんとなくお倉入りしていましたが、この不思議な出来事から思い切って着用してみました。まだダラスでの映像が届いていないので、できばえはわかりませんが、でも翌日、何人かの方に 

 ”あのブルーの衣装の人ですよね” 

と声をかけられ、しかもお目当てで行ったシニアダンサーさんから
 
 ”昨日、ブルーの衣装で最後に踊った方? なんかね見ていて、一緒に時間をすごしたいなって思ったのよ!”

と声をかけられたのです! 虫の知らせに従ってよかったなぁと思いました。

 翌朝、ワークショップ会場で大御所先生とすれ違い、

 ”昨日の夜、ちゃんと見てたよ” 

と言われて、なんだかその先を聞くのが怖くて 

 ”そうですかぁ!” 

と言いながら、笑いながらなんとなく群衆にまぎれて逃げて来ちゃいました。

 サンディエゴに戻って来てから、カナダから  Hadia  が来ていて、少人数のワークショップを実施していただき、その後、仲のよいダンサーさん方と夕食を食べていたときにその話になり、あるダンサーさんが

 ”たまみの気持ちもわかるけど、でもきっと大御所先生、自分の名前を呼ばれて、自分の振付をトリで、たまみに踊ってもらえたらうれしかったと思うよ”

と言われました。 

 確かにそうかもしれません。 あ〜    また大失敗。

TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2012-09-30 05:33 | Show