www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Helwa Ya Baladi(美しい祖国) - チャリティ振付DVD制作秘話

 3月にStudio 1002のメンバーがサンディエゴにダンスレッスンにいらしたときに、サブリナさんが、Helwa Ya Baladi (美しい祖国)を使ってレッスンをしてくださいました。レッスンの目的は

  ー 歌詞の内容を踊り込む
  ー ドラマを作るための体の使い方

でした。

 サブリナさんが、”故郷を離れた人が自分の祖国を愛する気持ちを歌った歌で、誰でもこういう気持ちは持っているものだと思います”、とさらっと歌詞の説明をしながら、上記の目的を動きで何度も練習、確認していきました。レッスンではほんの1分程度しかこの音源を使用しませんでした。

 その後すぐに日本で大きな地震が起こり、そして、この曲を聞いているうちに、なんだかこの曲を終わりまで踊ってみたい気持ちになり、きっといまの私の気持ちにぴったりの曲なんだと思いながら、サブリナさんに、そのことをお話したところ、それだったら2人で何か日本で震災に見舞われた方々の役に立つことにしましょうよ、ということになり、この曲を2人で振付をしDVDにしてチャリティー支援用に制作することが急遽決まったのです。それから2人でスタジオで振付し(2人で振付をするのは2人とも初めての経験でしたが、一人が行き詰まるともう一人がアイデアを出せるので、ものすごく効率よく振付完成)、そして次にはもう撮影。サブリナさんから”衣装は赤と白で踊ろうか?”とE-mailをいただき、”うーん、赤と白は日本ではおめでたいときに使う色だから、ちょっと避けた方がいいかもしれない”と回答、そして2人とも緑色の衣装を着ることになりました。実はこのとき私はひどい気管支炎で、ものすごく咳き込む毎日で、救急病院で診てもらったばかりでした。”日本に一時帰国するTamamiに日本に持っていてもらいたいから”と、サブリナさんもお忙しい中、スケジュールをあけ、そして私も日本のためになるなら、と体にむちうち撮影日を迎えたのです。

 まずは2人で衣装をつけて踊ったところを撮影。サブリナさんのお母様が撮影をしにスタジオまで来てくださいました。2度フルに踊ったところで撮影完了。その後、それぞれが踊りながら簡単に振付を説明していくことになったのですが、衣装を着て踊ることは理解していたものの、振付の解説をどうやってするのかきっちり打ち合わせないままこの日を迎えたので、レッスン着を持ってきていませんでした。ですので、その日来るとき着ていた服にサブリナさんが持っていたヒップスカーフをつけてそのまま踊ることに!私の帰国日まで時間もあまりなく、サブリナさんのお母様もお忙しい中撮影に来てくださっていることもあり、ぶっつけ本番で解説を収録。ですからあちこち言い間違え、そしてすごい鼻声。実は音楽なしでただ解説するのはものすごく難しいことに気がつきました。というのも2人とも音楽に体の動きが結びついているので、音なしで解説だけすると、なかなかスムーズに次の振付が出て来ないのです。そこで、私が解説するときはサブリナさんがカメラの横で次の振付を示して、サブリナさんが解説するときは、私がカメラ横で次の振付を示すことにしたのです。

 その後は、私が歌詞の翻訳をし、サブリナさんが全部ご自分で映像を編集、急いでDVDを大量に焼いてくれるところへデータを持っていってくださいました。そして、出発前夜に私の自宅にできたてほやほやのDVDを届けてくださったのです。

 あっという間にできてしまったDVD ー 何よりもこうして日本のことを考えて心から動いてくださる方々が身近にいらしてくださり、そしてそういう方々と一緒に素敵な振付を創ることができたことに本当に感謝しています。出来上がった映像を見てみると、サブリナさん、顔の表情でドラマをつけるのがやはりとっても上手です(私はちょっとこわい顔で踊っているように見えてしまいます)。また同じ振付でも、踊る人が違うとまた違うニュアンスが出ています。

 日本の震災支援へ2000円以上のご寄付をしてくださった方に、お礼としてこの振付DVDをプレゼントしています。内容は Helwa Ya Baladi (美しい祖国)の振付解説(英語、日本語)、衣装をつけてのパフォーマンス、そしてアラビア語、英語、日本語3カ国語の歌詞がついています。オールリージョン対応です。歌詞の内容は、祖国、初恋、帰らない恋、美しい思い出 をちりばめた深淵な内容です。さまざまな深い気持ちの機微を、ぜひ踊ってみてください。寄付金は日本赤十字、もしくは岩手県、宮城県、福島県に直接全額寄付いたします。
(→ DVDお問い合わせは info@tamamishirai.com まで)

f0169816_11233124.jpg


TAMAMI

サブリナさんはロングビーチで毎年2月に行われているベリーダンスコンペティションの優勝者です。私のダンス友達にはこのコンペの優勝者が実はとても多いです。サブリナさんは本当に用意周到な方で、何でも用意しているんです。撮影のためにメイクするときも、ヨガマットを2枚敷いてくれて”はい、ここに座って、膝を悪くしてはいけませんからね”。床の滑りが悪くてターンがうまくできないことに気がつき”ではこれ2人ではきましょう”と、肌色のシューズが2足出てきて、”あ、ブラにそんなものつめないで、ちゃんとしたパット持っているから”とパットが出てきて、”おそろいのアクセサリーがあってもいいわね”とお揃いのブレスレットが出てきて ー 実はこの日だけでなくて、毎日こんな感じの方です。彼女はどこかで踊る際には必ず、2着全く違う色の衣装と2着のショーツを用意しているんだそうです。衣装は背景の色と照らし合わせてふさわしい色を選ぶのだそうです。本当に勉強になります☆
[PR]
by classicsharqy | 2011-06-20 14:21 | Others