www.tamamishirai.com 南カリフォルニア転居後のTamamiのBlogです。


by classicsharqy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Chicago Raks に参加させていただきました

 久しぶりにエジプシャンの先生に連続して習う機会がありました。
 まずは日本にも初来日されたLeila in Cairo。あの近寄りがたい美しい見た目とは大違いで、実際にお会いすると本当にきさくなかわいらしい女性です。2年ぶりにお会いした彼女は前よりももっと自信がみなぎっている印象を持ちました。Workshopではいつもエジプトの踊りはどこが違うのかを説明してくれます。それからドイツ在住のエジプト人のMomo Kadous。私のコーチが影響を受けた先生でもあるということでシカゴに行ってきました。
 自分の先生の先生にお会いするのは、いつも楽しみであり緊張もします。先生が尊敬しているのですから、いつも何かしら大きな学びがあり、と同時に何かへまをやって、先生の顔に泥を塗らないように気を使います。f0169816_2422665.jpg
 今回はシカゴのRaksannaが主催でした。丁度、私の飛行機の到着時間とMomo Kadous
の飛行機の到着時間が同じ頃ということで、なんと主催者の方に空港で一緒にピックアップしていただくという幸運に恵まれました。(やったー!こんなチャンスはめったにありません)空港からRaksannaのお宅へ直行、軽く一緒に食事をいただき、そしてレッスンへ。初日しょっぱなから大御所先生を前に緊張の連続。そして、翌日、Workshop後にTheaterでのShow。私も踊らせていただき、遠くからきているからということで、またご配慮をいただき、舞台真ん前の円卓のMomo Kadousと同じ席に配列していただきました。とてもありがたいのですが、ちょっと身に余る光栄・・・・。ご想像つきますか?大御所先生のテーブルに座れるのは大御所のみ・・・・さながらベリーダンスのフェスティバルのDinaになったような気分を味わうことになり・・・・・いやぁーなんだか落ち着きませんでした(笑)。
 2部の演目のスタートは華やかで、RaksannaのダンスカンパニーThe Desert Flamesが、シャマダン、Zar、Nubia、Saidiを続けて踊ります。楽屋の衣装替えも戦争のよう。私はちょうどこの直後の出番でしたので、楽屋でシャマダンの火を吹き消すのを手伝ったり、うしろのジッパーを上げるのを手伝ったり・・・・なんだかやっぱりこういう方が落ち着きます(笑)。
 Showの最後、全員がカーテンコールで呼ばれて舞台へ上がり、最後にMomo Kadousがごあいさつ。そしてRaksannaがカンパニーメンバーから花束を受け取り、私はカンパニーメンバーではないのですが、前日からの慌ただしい一部始終をご一緒させていただいていましたので、なんだか私まで感動してしまいました。それぞれのダンサー、生徒さんがあってこそのダンスカンパニー・・・みんなのエネルギーがひとつになるShowは本当にすばらしいものだとあらためて思いました。f0169816_2425181.jpg

 私自身もかなりばたばたと忙しくすごし、睡眠時間がほとんどなく、食事もままならず、私にしては珍しく体重を減らして帰ってきましたが(少し減った方がいいんですが・・・)、シカゴに新しいダンスの仲間がたくさんでき、そして技術的にも精神的にも、そしてスピリチュアルにも、広い大きな先生に出会うことができ、いまもまだ胸が高鳴っている毎日です。


大御所先生の前で、はからずも踊ったのはClassicのメドレー。このモチーフをこれからも大切にするようにアドバイスいただきました。

(photo by Dan Muir)

f0169816_2434020.jpg

これが当日のShowのプログラムです。突然参加を決めたのにも関わらず、しっかり私の写真も盛り込まれていました(すばらしい、この迅速な対応!)。右上のフォークロアの衣装がMomo。そしてその下が私です(ちょうど私の右肩にMomoを載せている感じです☆)

TAMAMI
[PR]
by classicsharqy | 2010-09-24 15:53 | Show